審美歯科の保険対象

審美歯科の保険対象について

歯科で保険がきかない審美治療

歯科で一般的に虫歯治療をするときは保険が適用されます。ですのでたくさん虫歯を治療したからといって高額にはならないですみます。しかし、審美にかかわる治療は保険が適用されません。実費ということになるので、歯科で見た目がよくないからとセラミックなどにしてもらうと、ちょっと治しただけでも1本5万円~10万円もかかってしまうのです。奥の見えない歯であれば多少見た目が悪くても諦められますが、口を開けたときにちらっと見えるようだと見た目のよいものに変えたくなりますよね。しかたがないとはいえ、その料金の差には驚くものがあります。

保険が適用される場合の治療

歯科の治療は保険が適用されるものと、されないものがあります。通常の虫歯の治療であれば保険が適用されるのでサラリーマンであれば3割負担で治療することができます。しかし、審美を目的とするような場合は、全額自己負担になる場合がほとんどです。たとえば、白いセラミックで差し歯にする治療や、最近人気のインプラント、また歯並びを矯正する場合も全額自己負担となります。しかも、もともとの費用が高額なので、インプラントをしたくても、誰でもできるというわけではありません。どのような治療が可能であるかは、歯科医とよく相談して決めると良いでしょう。

↑PAGE TOP