痛くなる前に歯科へ

痛くなる前に歯科へ行こう

痛くなる前に歯科にいきましょう

歯というのは痛いと感じるようになった段階で、かなり症状が悪化しているということがよくあります。定期的に歯科に通うことで、軽度のうちに気づければ治療の度合いも、かかる時間とお金も格段に変わってきます。特に歯というのは、人間にとって大切な食べることを司る部分です。思うように噛むことが出来なければ好きなものが食べられなくなったり、咀嚼が弱くなることで消化に負担がかかり、今度は内臓に問題が出てくるといった二時災害の可能性も出てきます。そのようなことを防ぐ為にも歯科に行き、定期検診を受けるようにしましょう。

歯科矯正の種類について

歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく、様々な病気などの症状を引き起こすので、歯科矯正が必要になります。歯科矯正と言っても、そのケースケースで様々な矯正方法が取られ、種類も豊富です。最も簡単な矯正方法は、マウスピースを使った矯正方法で、自分専用のマウスピースを作って1日20時間程度付けているだけで矯正ができます。そして一般的な矯正方法は、金属製のブラケットを歯に装着して、ワイヤーでゆっくりと歯を正しい位置に戻していく方法です。インプラントを用いる方法や、歯を一回り小さく削る方法など様々な方法があります。

↑PAGE TOP