歯医者の裏話です

歯医者で幸せになろう

歯医者で麻酔を受けたときの注意

歯医者で治療を受けた際に、麻酔をしたら、気を付けることがあります。まず、麻酔が効いている間は、食事をしたりすると誤って唇を噛んでしまったり、キズがついても気が付かないこともあるため、食事は麻酔が切れてからか、麻酔をした反対側の歯で噛むことが大切です。また、唇を噛むと痛くないため、何度も噛んでしまうことで腫れてしまうこともあります。熱ささえ分からないため、火傷をしてしまうことがあります。最後に麻酔をした部分は違和感を感じたりしますが、触らないようにしないと大きな傷になってしまう場合があります。

歯医者の種類と得意不得意について

一言に歯医者といっても、それぞれの医院によって専門としている治療は違います。例えば、矯正歯科医院は歯の治療ではなく矯正治療を専門としていますし、それ以外の一般歯科でも医師によって得意とする分野は違います。歯内の治療や、乳歯や正常に生えている歯を抜歯することは専門性が低く、どの歯科医院でも一般的に行われていますが、親知らずの抜歯や歯周病の治療、ホワイトニング治療などは歯医者によって得意不得意があるため、事前の情報収集が大切です。

↑PAGE TOP