歯科入れ歯の費用

歯科入れ歯の費用について

歯科で受ける入歯治療の保険負担

何らかの原因で歯を失う状態になってしまった場合、歯科医と相談して、入歯を検討することになります。その時に、保険診療で受けるか、自由診療(自己負担)で受けるかも選択しなければいけません。人の歯の色はそれぞれ異なっており、様々な種類があります。自由診療で作る人工義歯は、色、形とも多数選ぶことができ、より個人の要望に沿った義歯を作ることが出来ます。一方、保険で作れる入歯は、自由診療で作成したものより費用負担を抑えられます。主な素材がプラスチックであるため、修理がしやすいですが、臭いや汚れが吸着したり、長期間の使用で変色が起こったりします。どちらを選択するか、歯科でしっかり相談してから決めましょう。

歯科治療における保険適用とは

歯科医院にかかろうと考えた時にはそれぞれの状況でどのような専門科にかかり、どのような治療を受けようとするのかということが違ってくるものです。虫歯や歯槽膿漏などでは一般の治療になるので、保険適用になるようになっているものです。しかし、適用外になっている治療も多いものです。人工歯根を埋め込んで土台にするインプラントや歯並びやかみあわせを良くする矯正治療、ホワイトニングなどの審美治療などは保険適用外になるので、高額の費用がかかるのが普通のことです。ですから、歯科治療でも自己負担額は内容によってもかなり違うといえましょう。

↑PAGE TOP