自費の歯科治療費

自費の歯科治療費について

歯科医療の保険対象と自費診療

歯科で治療を受けるにあたっては、健康保険で受診できるものと、全額自費で負担して診療を受けるものと、両方あります。通常の虫歯や歯周病の治療などとは違って、保険診療フッ素塗布や歯列矯正、貴金属やセラミックでのクラウン、インプラントなどは、自由診療となり、自分で診療費を支払わなければなりません。また、予防や審美の分野の診療は、基本的には患者の費用負担とされています。自費診療の場合、歯科医が詰め物やかぶせ物などの素材を選んで、患者の現況に合わせて最適なものを提案することができます。そのことで、虫歯の再発や歯周病リスクを可能な限り少なく抑える効果が期待できるのです。

歯科医療の保険の扱い方法

日本の医療制度では健康保険に加入していることで医療費の自己負担額を抑えることができるようになっているのです。これは歯科医療においても言えることです。今はほとんどが3割負担なので、窓口では少ない額の支払いで済むようになっています。しかし、これは全ての治療に適用されるのではないのです。審美歯科や矯正、インプラントなどに関しては適用外になっているため、多額の治療費がかかることもあるのです。その場合では確定申告などで医療費控除などの申告をすることで一部が戻る制度もあるのです。ですから、自分で制度の確認をしていくといいでしょう。

↑PAGE TOP